わらって、ゆるして。

躁うつ病日記

スマホのカメラで料理を美味しそうに撮ってみよう!

f:id:all-apologies:20180516085846j:image

こんにちは。

 

先日ツイッターにアップした自作のハンバーガーの写真のいいね♡が、なんと70件越えてしまいました……((((;゚Д゚)))))))

たしかフォロワー数が300前後の時のツイートだったので、これにはちょっと驚きました。

 

フォロワーの方のハンバーガー愛に感謝です(*´∪`)人♡

 

ぼくのツイッターアカウントです(*´v`)

twitter.com

 

これだけいいねをして貰えたのは、ハンバーガーはみんなが大好きっていうのも勿論ですが、きっと写真が美味しそうに見えたんだろうなぁと思います。

 

なので今回は誰でもスマホで出来る、ぼくなりの美味しそうな料理の写真の撮り方を書こうと思います。

 

いつもご飯の写真は撮ってるんだけど、目の前の料理はとっても美味しいのに写真で見るとなんか違うなぁと思ってる人は、少し参考にしてみてください。

 

作業の流れ

1. スマホのカメラで料理の写真を違う角度から2〜3枚撮る

2. 冷めない内に料理を食べる。

3. 撮った写真から良さそうなものを選ぶ。

4. アプリでちょっぴり調整して、美味しさアップ!

 

おおまかな流れはこんな感じです。

 

 

実践編

 実際の作業の流れを細かく書く前に、料理の写真のあまり良くない例をまず見て貰おうと思います。

 

昨日の晩ご飯の鰆(さわら)のスパイス焼きです。

f:id:all-apologies:20180516093505j:image

とっても美味しかったんですが、この写真だと暗いしカメラの影がメインディッシュにかぶってるし、なんか全体的に右にずれているし、あんまり美味しさが伝わりませんよね。

 

では、これを踏まえて別のアングルと構図で写真を撮ってみましょう。

 

メインで撮りたい料理が出来るだけ左右の真ん中に、大きく入っていると良いですね。

ただし大きすぎるとメイン以外の他のものが写真に入らないので、ほどほどを意識しましょう。

 

こんな感じに撮り直してみました。 

f:id:all-apologies:20180516094815j:image

最初のより大分良いんじゃないでしょうか。

 

黒いテーブルだとちょっと色味が寂しいので、ランチョンマットを引いてみました。

ランチョンマットは100円均一ショップで結構可愛いのが売ってるので、ぼくは何種類か買ってその日のメニューや気分で変えて使っています。写真映えもするし楽しいです。

 

このままでも良いんですが、折角なのでもうちょっと美味しそうに見せるためにアプリを使いましょう。

ぼくはiphoneユーザーなので、元から入っている“写真”のアプリを使います。

Androidの方もおそらく似たような機能がついてる筈なので、一応まだ読んでてください。

 

 

写真アプリで色味を調整したい写真を表示させ、左上の“編集”をタップします。

 

f:id:all-apologies:20180516112237j:plain



 

 

するとこの画面になるので、下の4つのアイコンから左から2番目の、太陽と時計が合わさったようなアイコンをタップします。

 f:id:all-apologies:20180516101850p:image

 

 

3つ項目が出てくるので、“ライト”をタップします。

 f:id:all-apologies:20180516101123p:image

 

 

出てきたスクロールバーを明るい方へスライドさせましょう。

グイッとな。

 f:id:all-apologies:20180516102355p:image

 

 

3つ項目が出たところに戻って、今度は“カラー”をタップして、若干明るく調整します。少し、光を足すようなイメージです。

f:id:all-apologies:20180516102251p:image

 

完成です。

f:id:all-apologies:20180516102910j:image

最初の良くない例と比べてみましょう。

f:id:all-apologies:20180516103247j:image

 

作業時間的には2、3分ってところですが、同じ料理を撮っている筈なのに伝わってくる美味しさは全然違うと思います。

 

皆さん似たような作業をされている方は多いと思いますが、ぼくのやり方はこんな感じです。

 

いくつか写真加工のアプリは試してみましたが、iPhoneの“写真”アプリが超優秀なので、結局戻ってきました。

 

SNSに写真をアップする際に付いている加工機能もとても良いですが、iPhoneの“写真”アプリは紹介している機能以外にも色々出来ます。iPhoneユーザーだけど今まであまり使っていない人や、SNSの写真加工機能よりも自分の手で細かくいじってみたい人は、是非試してみてください。

 

美味しそうなご飯の写真をSNSにアップして、みんなのタイムラインを楽しい食卓に変えちゃいましょう!

 

✳︎

 

そうそう、今日は早朝の散歩がてら24時間営業のスーパーに寄ったら、牛肉の赤身肉のブロックに半額シールが貼ってるのが売ってたんですよ。

 

これぞ早起きは三文の得!

 

なので今日の昼ご飯は、それを使ってローストビーフを作るつもりです。

バターたっぷりのマッシュポテトを添えてね。ウキウキ。

 

料理が出来たらこのエントリーに書いたやり方で写真を撮ってツイッターにアップするので、見に来てくれるとうれしいです。

 

それでは。

 

良いランチタイムを。