わらって、ゆるして。

躁うつ病日記

携帯キャリアを格安simに変えて、毎月1万円得しちゃおう!

f:id:all-apologies:20180521152153j:plain

本題の前に唐突で申し訳ないですが、昨日ツイッターのフォロワーさんが500人超えました!

 

ヤッターヽ(ω・ヽ)(ノ・ω)ノ ヤッター♪

 

こんなのはじめて泣

 

フォロワーの方々に本当に感謝です。

 

これからもいいね♡やたまに@で、同じ病気や似た悩みを持った方々と丁度いい距離を探しつつ、優しく見守り合いたいと思っています。

 

なにとぞよろしくお願いします( 。-_-)人

 

……ぼくは学校や会社で作った物やアイデアってなかなか上手く認められず、何度も何度も直してやっとOKが貰えるような感じだったで、自由に描いたイラストにつくいいね♡や、このブログのはてなスターのひとつひとつに対して涙がこぼれそうになるほどうれしいのです。大袈裟ではなく、たまに必死にこらえながら泣いています。

 

本当にありがとうございます。

 

twitter.com

 

 *

 

さて、前置きが長くなってしまいました。

 

このエントリーは"携帯キャリアを格安simに変えて、毎月1万円得しちゃおう!"というタイトルでしたね。

 

格安simって本当に大丈夫?と思って二の足を踏んでいる方も沢山いると思います。それでこのエントリーを書かせて貰いました。

 

これがですねー。大手キャリアから変えてもぜーんぜん問題ないのです。キラーン*

 

ちなみにぼくはdocomoから格安simのocnに変えて、毎月の携帯料金が一万三千円から二千円に下がりました。超お得だと思うし、使っていて何も困ってません。

 

家ではwi-fiを飛ばして使っているし、外で動画を観るワケでもないので通信量三ギガの契約にしました。

 

まぁそこまで大幅に下がったのは、携帯本体の支払いが元のキャリアにあったからなんですけどね。それがなかったとしても確実に五、六千円は下がったでしょう。

 

ではキャリア変更の流れを追ってみましょう。

 

格安simへのキャリア変更の流れ

1. 携帯電話番号ポータビリティ(MNP)に必要な予約番号を取得する。

今使ってるキャリアのショップか電話、ウェブからでも出来ます。ぼくは電話でやりました。

 

2.WEBサイトで自分の選んだ格安simの会社と契約する。

この時MNPの予約番号が必要です。ocnの場合は次の日に本人確認のための電話がかかってきました。

 

3.今使っている携帯のキャリアショップに行って解約する。

ぼくは丁度2年縛りの契約と携帯本体の支払いが終わったタイミングに解約したので、違約金等なくそんなにお金かからなかったと思います。

 

4.2〜3日後に契約したsimカードが届く。

これを自分で携帯電話に差し直して設定したら、変更完了です。

 

こんな感じです。簡単でしょう?

 

ぼくがdocomoからocnに変えた時期は、相当激しいうつ状態で社会的能力が限りなくゼロの状態だったので、なんらかの仕事や学校に通われてる方だったら鼻唄うたいながらでも出来ることだと思います。

 

うつ状態だったというのもあり曖昧な記憶を辿っているので、流れに書いた2〜4が多少前後するかもしれません。少し頭に留めておいてください。

 

一応格安simのデメリットも書いておきます。

 

格安simのデメリット

1. 実店舗がない

キャリアショップにしょっちゅう相談に行かれる方や、キャリアの携帯本体の損害保険によくお世話になる方は、ちょっと慎重になった方が良いかもしれません。格安simの会社は実店舗を持たないところがほとんどなので。

 

2. e-mailのキャリアドメインがない

e-mailのキャリアドメイン(docomo.ne.jpなど)にこだわりがある方も注意ですね。格安simはほとんどの場合独自の携帯キャリアドメインを持ったe-mailアドレスがないので。ちなみにocnには独自ドメインがあります。ぼくはほとんど使ってないですけど。gmailがあれば十分です。とは言いつつも社会生活を送っていると大手キャリアのドメインを持っていないと信用されないといった変な信仰に出くわしたりするので、そのあたりは注意が必要だと思います。

 

3. 通信が遅い場合がある

人が沢山いる場所でデータが混雑する時間帯だと、少しやり取りが遅く感じる”らしい”ですが、ぼくはまったく気にならないです。そんな場所にそもそも行かないってのもありますけど。

 

4. LINEの年齢認証が出来ない

大手キャリアか格安simの中でもLINEモバイルでないと、LINEの年齢認証が今のところ出来ないです。普通に連絡アプリとしてはほとんどの機能が使えますが、一部のid検索機能などが制限されるので、LINEのヘビーユーザーは注意が必要かもしれません。

 

ぼくが思いつく検証するべきデメリットはこんなとこだと思います。

大幅に毎月の携帯代が安くなると考えれば、ぼくには気にならないことでした。

 

ぼくはあんまり調べずにdocomoの携帯がそのまま使えるからという理由でocnにして今のところ満足してますが、ちゃんと調べればもっと安いところや通信速度をウリにしているところは沢山あると思います。そのあたりはよろしくです。

 

では、携帯料金で困っていたり変えようか迷っている方は早めに格安simにして、浮いたお金で美味しいものでも食べにいっちゃいましょう!

 

 

最近は私事の情緒的なエントリーばかり書いていたので、たまにはこういうのもいいかなと思ったんですが、いかがでしたでしょうか。

 

他にも料理に関するエントリーや短編小説などもアップしていこうと思っているので、たまに読みに来て頂けると非常にうれしいです٩( ´◡` )۶ 

 

長くなりましたが最後までお付き合い頂きありがとうございます。

 

それでは。

 

良い夜を。

 

 

 

失われた者への祈り、または色んな意味で遅れてしまった母の日について

f:id:all-apologies:20180520111203j:plain

 

こんにちは。

 

さっき朝の散歩から帰って来たんですが、今日の東京は秋のはじまりみたいで涼しくて空が高く気持ちいいですね。

 

家から少し離れた散歩道の途中にある野球場で子どもたちが試合をやっていて、沢山のご家族がそれを見守っていてとても和みました。

 

✴︎

 

さて。

 

今日は、ぼくの母について少し話そうと思います。

 

本当は母の日に書くつもりだったのですが、感情が揺さぶられて支離滅裂になってしまい、なかなか書けなかったのです。

 

ぼくの母は、誰に対しても優しく平等に温かい心を配り、少なくない数の傷ついている人たちの、心の中に抱えた重たい荷物を溶かしていった人でした。

 

彼女はそのか弱い両腕には抱えきれないほどの困難を一身に請け負い、周囲からの不理解にぶつかりながら自分の信じた道をひたむきに歩き、そしてある日、なんの前触れもなく突然この世界から去って逝きました。

 

ぼく自身は、母が信じて歩いている道のことを理解出来なかったので、思春期以降は特に彼女への不理解の壁の一枚として、その前に立ちふさがってしまっていたと思います。

 

多くの事情があるとはいえ、母との間に良好と言える親子関係を築けなかったことを、ぼくはやはりとても悔やんでいます。

 

彼女はいつでもぼくに向かって止む事のない愛を持って手を差し伸べていた筈なのに、ぼくはそれに応えられませんでした。本当に、とんだ狭量な人間だと思います。

 

失ってから理解しようとすれば良かった、もっと大切にするべきだったと思ってしまうなんて、病気のことなんてまるで関係なくぼくは人間として出来損ないの欠陥品なんです。母の死という事実に付随して、ただただ、それが、悲しい。

 

この絵は、最期に棺の中で花に包まれた母を描いたものです。

f:id:all-apologies:20180519185326j:plain

驚かせてしまったら申し訳ありません。静かに眠っている人への冒涜のように感じる方もいるかもしれません。

 

ただ、母について書くにあたり、ぼくはこの絵をのせずにはいられなかった。

 

とても、綺麗な人でした。

 

葬儀に関することも詳しく書きたかったのですが、考えた末やめておくことにしました。きっと、胸に秘めておいた方が良いこともあるのです。一般人の葬儀とは思えないくらい母を慕う人が非常に多く集まり、兄弟と一緒に涙に溺れるほど泣いた、とても印象に残る式典でした。

 

✴︎

 

母の急死に触れてぼくは思いました。

 

人の命は、暗闇の中で無防備に灯っているロウソクのようなものではないでしょうか。

 

多くのロウソクは家の中や誰かの加護の元で一番下の近くまで燃えてから尽きていきますが、荒野や守るような壁がない場所に置かれていたとしたら、予期せぬ突風に煽られて、なす術もなく、唐突に吹き消されてしまう。

 

小さい炎が消えてしまったあとに残るのは、まぶたに残る光の残像と、確かにそこには明かりが灯っていたという温もりの記憶だけで、もう一度そのロウソクに火を灯せるマッチは、ぼくの手の中には、ないのです。

 

……自分を誰よりも愛してくれた人の気持ちに応えられず、そしてそのまま、もう二度と会うことが出来ないだなんて。

 

母さん、声が聞きたい。いまだにこんな夢をみるんだ。目が覚めたら実家の部屋にいて、台所に行ってみると母さんの横顔が見えて、いつもそうだったように、ぼくの知らない歌をハミングしながら洗いものをしている夢だよ。

 

母さんに会いたい、話したいよ、照れくさいなんて言ってないで、ぼくが幼かった頃のように優しく抱きとめて貰いたい。とっくの昔にぼくの方が大きくなってしまっているけど。母さんはそれをずっと待ってくれていた筈なのに、生きている間にどうして出来なかったんだろうね。

 

ぼくは悔しいよ、自分の心の狭さが。

 

だから、少しでも、変わりたいと思う。

 

母さんのように、誰にでも心から優しくなれるように。

 

✴︎

 

ぼくは一神教でいうところの神さまが本当にいるかどうか分からないし、なにか特定の信仰を持っている訳ではありません。

 

ですが、もしも魂が存在し肉体の死後に行く場所があるとするのなら、そこがどのような人間にとっても心安らかに過ごせる平穏な世界であることを、心の奥底から願って止みません。今のぼくが亡くなってしまった母に出来ることと言ったら、そのくらいです。

 

この願いというのは、世界中の多くの人々が祈りと呼んでいるものなのかもしれません。

 

ぼくは祈っています。

 

母さん、安らかに。

 

愛してくれて、

 

ありがとう、

 

ありがとう、

 

ありがとう。

 

 

躁うつ病によく効く薬、あるいは頼りになる姉について

f:id:all-apologies:20180517132432j:image

こんばんは。今日の東京は陽射しが強かったです。

散歩していてバテちゃいそうになりました。

 

少し気が早いですが、近所のプール開きが待ちどうしいですね。

 

✳︎

 

さて、今日はぼくの姉の話を少ししようと思います。

 

2日前のエントリーに書いた内容の一部、“今、躁うつ病の軽躁状態なので家族に相談する”をさっそく実行し、昨晩、姉に会って色々と話をして来ました。

all-apologies.hatenablog.com

 

ぼくの抱えている問題は、機能不全家族育ち、嵐のような家庭内暴力、ハーフであるが故の孤立、近親者の重度の精神疾患、過労とパワハラによる自身の双極性障害の発病、夢と現実との軋轢(これは誰にでもありますね)、大きな失恋(これも仕方ない)、アルコール中毒、家族の突然の死などがあり、自分で書いていて目が回るようです(;@_@)……他にもまだありますが、言えないこともありますのでこの辺で。

 

そんな闇のロイヤルストレートフラッシュをきれそうなぼくの人生の手持ちの札の中に、不幸中の幸いにも紛れ込んでいた最強のジョーカー、もしくはハートのクイーン。

 

それが、ぼくの姉です。

 

このカードがあるおかげで、ぼくは毎晩安心して眠ることが出来ます。

 

昨日は夜の遊歩道を散歩しながら、いま自分が軽躁状態でなにを考えているかについて、沢山の話を聞いて貰いました。

 

寝たきりのうつ状態を脱して希死念慮は薄れてはいるが、焦燥感に苛まれていること。

今の状態から更に躁転が加速して、また自分が周りに迷惑をかけないか心配していること。

誰かを憎んだり、傷つけたりしたくないこと。

うつ状態では出来なかった、絵を描いたり文章作成を出来るのが本当に嬉しいこと。

躁状態の過活動のリミットがおそらく来年の3月あたりなので、それまでの動けるうちになんとか家族と少ない友人を招待してささやかな個展をやりたいこと。

 

話している途中、何度も何度も泣いてしまいました。

その度に、姉は背中をさすってなぐさめてくれました。

 

姉は、ぼくが地獄の底の血の海で溺れていたら、たとえ自分が地獄に堕ちて一緒に溺れることになるのがわかっていたとしても、必ず助けに来てくれるような人です。

 

昨晩も上記の通り、そのまんま伝えました。

 

「そんなの当たり前じゃ〜ん」と言って、当たり前のように笑っていました。

 

信頼。

 

ぼくのような病気の人間にとって、これほどの薬はないと思います。

 

このブログのアドレスも伝えました。

 

ぼくは情緒不安定ですし、冒頭の方で書いた通り色々と問題を抱えている人間なので、ややもすれば文章が支離滅裂になってネガティヴな方向に走り過ぎることがあります。アップ出来ないブログの下書きも少しずつ溜まって来ました。

 

ですがそれも姉が読んでいると思えば、下手なことは言えないし色々と歯止めがかかるブレーキになると思うんです。

 

躁転、その心のストッパー。

 

姉さん。

 

本当に感謝してる。

 

ありがとう。

 

(最後は私信になってしまいました。昨日の夜、散歩をしながらあんなに沢山話したのにね)

 

 

✳︎

 

 

そうそう、そう言えばこの前ipadを新しいものに買い換えたんですが、折角アップルペンシル(絵やメモに特化したガジェットです)に対応している機種なんだし、少しお高いんですがアッポーペン、買っちゃおうかと思います。

 

そ、躁転の散財じゃないんだからね!

 

ぼくは基本的に物欲が全然ないんですけど、画材周りだけはどうも弱いようです。気をつけねば。

 

買ったらこのブログで使い具合のレビューを書いたりするのも面白いかもしれません。

ツイッターのフォロワーさんやこのブログの読者登録をして頂いてる人の中に、絵を描いてる人も何人かいるしね。

 

それでは。

 

良い夜を。

 

 

 

こんなにいいね♡してもらって大丈夫……? スマホのカメラで料理を美味しそうに撮ってみよう!

f:id:all-apologies:20180516085846j:image

こんにちは。

 

先日ツイッターにアップした自作のハンバーガーの写真のいいね♡が、なんと70件越えてしまいました……((((;゚Д゚)))))))

たしかフォロワー数が300前後の時のツイートだったので、これにはちょっと驚きました。

 

フォロワーの方のハンバーガー愛に感謝です(*´∪`)人♡

 

ぼくのツイッターアカウントです(*´v`)

twitter.com

 

これだけいいねをして貰えたのは、ハンバーガーはみんなが大好きっていうのも勿論ですが、きっと写真が美味しそうに見えたんだろうなぁと思います。

 

なので今回は誰でもスマホで出来る、ぼくなりの美味しそうな料理の写真の撮り方を書こうと思います。

 

いつもご飯の写真は撮ってるんだけど、目の前の料理はとっても美味しいのに写真で見るとなんか違うなぁと思ってる人は、少し参考にしてみてください。

 

作業の流れ

1. スマホのカメラで料理の写真を違う角度から2〜3枚撮る

2. 冷めない内に料理を食べる。

3. 撮った写真から良さそうなものを選ぶ。

4. アプリでちょっぴり調整して、美味しさアップ!

 

おおまかな流れはこんな感じです。

 

 

実践編

 実際の作業の流れを細かく書く前に、料理の写真のあまり良くない例をまず見て貰おうと思います。

 

昨日の晩ご飯の鰆(さわら)のスパイス焼きです。

f:id:all-apologies:20180516093505j:image

とっても美味しかったんですが、この写真だと暗いしカメラの影がメインディッシュにかぶってるし、なんか全体的に右にずれているし、あんまり美味しさが伝わりませんよね。

 

では、これを踏まえて別のアングルと構図で写真を撮ってみましょう。

 

メインで撮りたい料理が出来るだけ左右の真ん中に、大きく入っていると良いですね。

ただし大きすぎるとメイン以外の他のものが写真に入らないので、ほどほどを意識しましょう。

 

こんな感じに撮り直してみました。 

f:id:all-apologies:20180516094815j:image

最初のより大分良いんじゃないでしょうか。

 

黒いテーブルだとちょっと色味が寂しいので、ランチョンマットを引いてみました。

ランチョンマットは100円均一ショップで結構可愛いのが売ってるので、ぼくは何種類か買ってその日のメニューや気分で変えて使っています。写真映えもするし楽しいです。

 

このままでも良いんですが、折角なのでもうちょっと美味しそうに見せるためにアプリを使いましょう。

ぼくはiphoneユーザーなので、元から入っている“写真”のアプリを使います。

Androidの方もおそらく似たような機能がついてる筈なので、一応まだ読んでてください。

 

 

写真アプリで色味を調整したい写真を表示させ、左上の“編集”をタップします。

 

f:id:all-apologies:20180516112237j:plain



 

 

するとこの画面になるので、下の4つのアイコンから左から2番目の、太陽と時計が合わさったようなアイコンをタップします。

 f:id:all-apologies:20180516101850p:image

 

 

3つ項目が出てくるので、“ライト”をタップします。

 f:id:all-apologies:20180516101123p:image

 

 

出てきたスクロールバーを明るい方へスライドさせましょう。

グイッとな。

 f:id:all-apologies:20180516102355p:image

 

 

3つ項目が出たところに戻って、今度は“カラー”をタップして、若干明るく調整します。少し、光を足すようなイメージです。

f:id:all-apologies:20180516102251p:image

 

完成です。

f:id:all-apologies:20180516102910j:image

最初の良くない例と比べてみましょう。

f:id:all-apologies:20180516103247j:image

 

作業時間的には2、3分ってところですが、同じ料理を撮っている筈なのに伝わってくる美味しさは全然違うと思います。

 

皆さん似たような作業をされている方は多いと思いますが、ぼくのやり方はこんな感じです。

 

いくつか写真加工のアプリは試してみましたが、iPhoneの“写真”アプリが超優秀なので、結局戻ってきました。

 

SNSに写真をアップする際に付いている加工機能もとても良いですが、iPhoneの“写真”アプリは紹介している機能以外にも色々出来ます。iPhoneユーザーだけど今まであまり使っていない人や、SNSの写真加工機能よりも自分の手で細かくいじってみたい人は、是非試してみてください。

 

美味しそうなご飯の写真をSNSにアップして、みんなのタイムラインを楽しい食卓に変えちゃいましょう!

 

✳︎

 

そうそう、今日は早朝の散歩がてら24時間営業のスーパーに寄ったら、牛肉の赤身肉のブロックに半額シールが貼ってるのが売ってたんですよ。

 

これぞ早起きは三文の得!

 

なので今日の昼ご飯は、それを使ってローストビーフを作るつもりです。

バターたっぷりのマッシュポテトを添えてね。ウキウキ。

 

料理が出来たらこのエントリーに書いたやり方で写真を撮ってツイッターにアップするので、見に来てくれるとうれしいです。

 

それでは。

 

良いランチタイムを。

 

 

 

現在の躁うつ病の状態と、気をつけること

f:id:all-apologies:20180515111709j:plain

 

こんにちは。

 

今日は自分の今の躁うつ病の状態を、客観視して激しい躁転を未然に防ぐために書いておこうと思います。

 

現在、ぼくは躁うつ病の軽躁状態にあると思います。よくある精神疾患の気分の波の確認の±5評価で言ったら、+1〜2くらいでしょうか。

 

朝起きてから昼過ぎまでは調子がよく、夕方から夜にかけて少しずつ沈んでいく感じです。

 

軽躁の症状

・寝込まず、日中に動けるようになる。

・やりたいことや、作りたいもののアイデアが湧きやすい。

・感情の触れ幅が広がり、涙もろくなる。

・焦燥感に駆られる。

・注意力に欠け、集中力が持続しにくい。

・食欲の減退(料理と食べる事自体は楽しいですが、2ヵ月前より体重が6kg落ちました)

 

躁状態で気をつけること

ツイッターとブログの運用には特に注意したい。

頻繁な更新やセルフィーを含む個人情報に関する投稿、ほかのユーザーにネガティヴな感情を喚起する言動を避ける。コミュニケーションを歓迎しつつ、こちらからは踏み込まない。

 

フェイスブックには触らない。

昔の知り合いに連絡を取りたい気持ちをグッとこらえる。やり取りをすれば、前回に躁転した時のこと気にしていないし大丈夫だと言ってくれる友人がいるのも分かってはいるが、こちらからのアクションは避ける。本当に必要になれば会える時がきっと来るから、自分からは動かない。

 

・家族に相談する

忙しい姉にこちらから出向くか来てもらうかして、少し時間を貰って今の状態を伝えておく。話し合って必要だったら病院に行く(出来れば避けたい)

 

・お金を使わない

貯えは何かあった時のためにちゃんと管理する。今まで通りにやれば問題はないはず。画材にお金を使うのはある程度は許容するが、もちろんホドホドに。

 

 

・このエントリーを見直す。

確認は大事です。

 

・おごり高ぶらない。

これも、とても、大事。

 

躁状態のうちにやっておくこと

・出来る範囲で、なにか作品を残しておく。

 うつ状態だと絵も描けないし文章も書けないので、軽躁の状態のうちに出たアイデアは無理のない範囲でなんらかのカタチにしておく。朝から昼にかけての軽躁状態で描いた絵や書いた文章は、夜に沈んで少しうつ状態になった時にネガティヴな部分がないかチェックする。

 

・出来れば、絵の展示をやりたい。

これは少し難しいとは思う。前回に躁転した時にやろうとして、やる前にダウンして出来なかったのがやはり心残りになっている。前はかなり広い場所を借りて明らかに無理そうなことをやろうとしていたので、結果的にではあるけれど何処かに迷惑がかかる前にダウンして良かったと思う。今度やるとすれば、なるべくアクセスが良くて来た人が展示以外にも休日を楽しめるような街の、小さいギャラリーを週末を含む3日間ほど借りてやりたい。家族を含む5〜10人くらいに来てもらえれば十分だ。吉祥寺か荻窪〜高円寺、下北沢あたりで出来れば良いな。もちろん、出来なくても落ち込まないようにする。

 

・リミットを意識する。

今までの経験から躁状態が続くのは、うつ状態との混合もありつつ約10ヶ月ぐらいだと予想される。軽躁を意識しはじめたのが5月の始めあたりだから、おそらく来年の3月以降はまたしばらく寝たきりになってしまうだろう。そうなった際に希死念虜を喚起するような言動を慎んでいた方が身のためになる。厳重注意だ。

 

 

書いておくのはこんなところかな。

 

自分の病状の確認の為に少し固いエントリーになってしまいましたが、もしここまで付き合って頂いた方がいるなら感謝します。

 

ありがとう。

本当にうれしいよ。

 

ぼくのこのブログやツイッターアカウントが、激しい躁転による人格崩壊のドキュメンタリーになるのか、それとも何年間も寝たきりのうつ状態だった人間のあたたかい再生の物語になるのか、遠くで見守って頂けるとありがたいです。

 

 

そうそう、最近生まれた甥っ子が、先日100日を迎えたんです。

 

それで、生まれた時はまだぼくの調子があまり良くないこともあり満足にお祝い出来なかったので、甥っ子の絵をこのエントリーに貼った画像の雰囲気で描いて、弟一家にプレゼントしようと思っているのです。

 

弟は昔からぼくの描いた絵が割と好きなので、よろこんでくれるんじゃないかと思います。心配もかけましたしね。

 

そろそろ画材屋さんに向かって、小さいキャンバスと足りない絵の具を買ってきます。

 

それでは。

 

良い午後を。

 

 

 

世界のおわりと、あかい自転車

f:id:all-apologies:20180513160332j:image

 夕暮れ時の学校からの帰り道を、僕はカゴと荷台の付いたあかい自転車で辿っていた。

 

 荷台には彼女が座っている。

 

 夕日が雲と混ざり合ってグレーとオレンジがあやふやに交錯した空模様の中、なだらかな坂道をゆっくりゆっくり滑り降りていく。


 荷台にちょこんと座っている女の子と、あかい自転車と、夕暮れと、帰り道。もうなんにもこれ以上はいらないんじゃないかと思った。

 

 だから、そう言ってみた。


「なんかもう、今、世界がおわってもいい気分だわ。うん、なんか、満足」


 自転車の後ろに座って彼女は、それを聞いて面倒くさそうに含み笑いをする。僕のロマンチスト癖がまた始まったとでも思ったんだろう。

 

 そういえば、彼女は僕によく言っていた。「ロマンチズムも別にいいんだけど、誰かとロマンを共有出来なければそれはハタから見ればただのナルシズムだよ。ただの馬鹿に見えるから、あんたは本当に気をつけた方がいいよ」

 この文章が彼女の小言をちゃんと踏まえられているかどうか、正直そんなに自信はない。

 

 ……僕の自分に酔った台詞に対して、なかなか何も言おうとしない彼女に少しだけ不安になって、片手を後ろに回してその脇腹あたりを突いてみた。

 

「ちょっとぉ、やめてよ、落っこちちゃうじゃん、脇腹弱いんだよ」
「落っこちちゃってもいいじゃん、ねぇ、なんか言ってよ」
「…………ハァ」
「じゃあ何も言わなくてもいいから、後ろから“ぎゅう”ってして?」


 彼女の頼りなくて華奢な腕が僕の腹部あたりに絡み付いた。

 僕は、彼女の手の形がとても好きだった。僕の手みたいにゴツゴツした節がなくて、血管が透けて見えるくらい白く、細くて、本当に同じ人間なのかと疑ってしまうくらいだった。彼女の体はどこをとっても文句のつけようのないくらい魅力的だったが、その手のしなやかさは特別に美しかった。
 うしろから抱きしめられて、背中に彼女の大きい乳房がハッキリと感じられる。

 あとで彼女の部屋に着いたら、僕はその乳房の柔らかさを背中越しの服の上からじゃなくて手の平で直に感じるんだろう。そうしたら彼女は、少しだけ体を震わせて、上ずった声と一緒に柔らかい吐息を僕の頬に吹きかけるんだろう。


 それ以上に必要なものが一体全体、この世界の何処にあったっていうんだろう?


 僕は、自分に与えられたものに対して何も疑わずに、そのままゆっくりと、緩やかな坂道を二人乗りのあかい自転車でブレーキを掛けながら滑り降りるスピードで、彼女とずっと一緒に歳をとっていくんだと思っていた。それはとてもとても自然で、素敵な事のように思えていた筈だった。

 

 僕が、自分の手で、全てを粉々にぶち壊すまでは。

 

小さな音符のメロディ

f:id:all-apologies:20180510205721j:image

 

昨日、夢をみた。

 

とてもやさしくて、とても悲しい夢。

 

夢の中で、大好きだった人が、こじんまりとした静かで家庭的なレストランの小さいテーブルを挟んでぼくの向かいに座っていた。

夢の中のぼくは病気が重くなる前で、二人はまだ恋人同士だった。

そのレストランはあんまり人には知られていないけれど、気持ちのこもった素敵なもてなしをしてくれるご夫婦が切り盛りしていて、ぼく達のお気に入りだった。

 

それは出会ってからはじめて迎えた彼女の誕生日。

 

彼女はチェロを弾いていたから、ぼくは自分で作った少しだけ歪なカタチの小さなシルバーの音符のピアスをプレゼントした。

彼女はよろこんだ後に、ちょっとはにかみながら言った。

「音楽を勉強してるって言うと、たまにもらう贈り物は音符とか付いてる小物が多いんだ。でも、実はそんなに音符が好きってわけじゃないんだ」

「……でもね!でも、それとはぜんっぜん!関係なく、すっごくうれしいんだよ。ありがとう」

「あ、あー、あぁ……余計なこと言うんじゃなかった……」

 

「このなんとも言えず曲がった感じとか、なんだかきみに、似てる」

 

それからずっと、手をつないで歩く彼女の左耳にはへそ曲がりな音符が光っていた。

なんとなく、ちょっとだけ申し訳なさそうに。

 

……あたたかい思い出の夢は、眠りからさめてパチンとはじけた。

やさしい気持ちが大きくふくらんだ、風船みたいな恋だった。

 

今ではあの音符は彼女の部屋の引き出しの片隅で、うたうことを忘れて静かに眠ってる。

 

たぶん。